用途によって原料をふるい分けて使用する

ロゴ

多種多様なふるい機の用途

工事現場

異物除去のスカルピング

原料の中に含まれる異物などを除去する性能を粗物除去(スカルピング)といいます。原料を異物が混入していない状態で使用するために必要な作業です。

大きさを整えるサイジング

定められた大きさの原料にふるい分ける作業を分級、整粒(サイジング)といいます。均等な大きさの原料を使用する際に行なう工程です。

微粉除去のリファイニング

原料の中に含まれている小さい粉を除去するためにする操作を粉抜き(リファイニング)といいます。原料を綺麗にするためなどの工程です。

工事現場で使用する機械の疑問

採掘作業を行なう時はどうしよう?

採掘作業を行なうために最適な機械は油圧ショベルが必要です。アームの先にスコップのような器具が取り付けられているため採掘作業に使用できます。

油圧ショベルの他の使い道は?

アーム型のスコップを使用することで、土砂やがれきの除去を行なうことができます。そのため、工事現場だけでなく、災害現場での活躍も期待できます。

足場を固めるためには使用する機器は?

道路工事の際に足場を踏み固めるためにランマと呼ばれる締め固め用機械を使用します。アスファルトの踏み固めに使用することも出来ます。事故が多いため運転には資格が必要な機械です。

広範囲の締め固めをしたいのですが?

ランマは狭い範囲の締め固めを容易にすることが可能です。広範囲の締め固めをする際にはロードローラーを使用しましょう。工事の基礎作りを広範囲に渡って速やかに行なえます。

盛土や整地をしたい

ブルドーザーの前面にあるブレードを使用して、盛土や整地をすることができます。さらに、土をすくい上げてトラックに載せることができます。

工事現場で活躍する様々な機械

工事現場で活躍する機械をQ&Aとともに紹介しました。このように工事がスムーズに進むように、ふるい機などの特殊機械が活躍しています。

広告募集中